光線療法

光線療法

光

現在、最先端の医学で注目されている療法の一つに『光療法』があります。近年、特に光が人体に深く関与していることが次々と明らかにされ、数多くの治療に応用されています。光を作る光源としては、電球、蛍光灯を始めレーザー、LED、キセノンといった数々の光源が開発され、各々の特徴に合わせて、さまざまな医療現場で活躍しています。

光線療法とは

医療用に開発された人工光源では、最も歴史と実績のあるカーボンアーク灯(1903年にデンマークのニールズフィンゼン博士がノーベル生理医学賞を受賞)を最新のコンピューターで制御した、厚生労働省認可の最新式光線治療器を用いて、専門の医師の指導のもとで、各健康増進施設で民間療法としておこなっております。
また、ご家庭で簡単、手軽におこなえる家庭用光線治療器の普及活動も合わせておこなっています。

注意:全身性エリテマトーデス、色素性乾皮症、ポルフィン症、又は医師から「日光に浴びてはならない」と言われている方は光線療法は受けられません。

原理

光線は、特殊な医療用高純度カーボン(高純度炭素)に電極を設け、アーク放電させます。この時電極でプラズマが発生します。カーボンの燃焼温度は、約3000度の超高温で燃焼し発光させます。これは唯一の自然光である太陽の原理を忠実に再現し(プラズマ現象)直径1cmの人工太陽を作り出してコンピュターで制御し、光の波長をコントロールする大変、高度な技術を使用した光線治療器です。この高度な技術は、世界的に有名な技術会社(東証一部上場)によって開発されました。

光
特徴
他の人工光源(電球、蛍光灯、レーザー光、LED)では、1種類、多くても数種類の波長の光しか作れません。【単独線スペクトル光】光線は、320〜5000nmまでの波長を、1nm単位、0.1nm単位、0.01nm単位のように、区切りなく連続的に10万種類以上の光の波長を同時に放出します。これを【連続フルスペクトル光】と呼びます。 連続スペクトルは、太陽と同じ原理で物質を超高温で燃焼させるカーボンアーク方式でなければ作ることができない光です。
10万種類の光のコラボレーション
この10万種類の光が、各々の特徴を生かすと同時に欠点を互いにかばい合うことで、光の共同作業が行われます。また、この光の集合体の波長領域は、4種類の医療用カーボンの組合せで、疾患別・症状別に自由にコントロールできます。連続スペクトル光は、すべての光を放出するわけですから、現在の医療、美容に使用されている光の種類、波長はすべて放出します。 (人体に有害なUVB、UVCは放出しません。またレーザー、IPLのような火傷を起こす危険な高出力光は出ません。)
  • 胸部、腹部、下腹部
  • 腰部、尻部
  • 足裏部、足指部
  • 頭部、首部、肩部、背中部
  • 膝部、脚部
  • 膝裏部、ふくらはぎ部
Page top
ストーン風樂Webサイトトップページ リンク プライバシーポリシー