岩盤浴
  • Home > 
  • 岩盤浴

岩盤浴

岩盤床

暖められた天照石の上に寝ているだけで浴後はスッキリして全身の疲れがほぐれて身体が軽く感じられるというようなリラックス効果や大量の発汗で脂肪や体内の老廃物を排出するというようなことが期待できます。

天然石のパワーをぜひ実感してください。

岩盤浴とは?

「岩盤浴」は、湯・水を使わない温石浴療法の施設です。

岩盤浴は、温石療法と蒸気浴を合わせたもので、遠赤外線効果で体の内側から温めて細胞を活性化します。温水式床暖房設備により床面温度60℃、室温41〜45℃に加温し、室内の湿度は82〜85%位となります。大量の汗をかくことで、人間が本来持っている自然治癒力を引き出し、高めることができると考えられています。

岩盤浴によってかいた汗はべとつかず、自然クリームの作用があります。岩盤浴による汗は、運動時や暑い時に出る汗とは異なり、皮膚のより深い皮脂部から出てくる汗で、老廃物や毒素を排出することができます。しかも余分な脂肪を燃焼させ自分自身のクリームとなりますので、入浴後はまるで天然温泉に入った後のように肌がサラサラでしっとりとなります。他にも、岩盤浴は水を使用しないので衛生面で優れているのが特徴です。

一般のサウナとも違い、室内の温度が41℃と低いので女性や子供でも安心して使用することができます。

Page top
ストーン風樂Webサイトトップページ リンク プライバシーポリシー